OpenWrt色々

とりあえずメモ。種類はバラバラ、気づいた順に列記。

  • OpenWrtのsysupgradeを行う際、ファームウェアの形式が異なるためにアップグレードできないというエラーが出ることがある。この際、ファームウェアの対象デバイスに間違いがないか確認したうえで、sysupgradeコマンドに ”-F” オプションを付けることで、チェックを無視して強制モードで実行できる。
  • wpadはhostapdの後継(?)っぽい。
  • WiFiのAPモードの際、WPA / WPA2認証ははwpadでもhostapdでも可能だが、Clientモードではwpadのみで使える。
  • ↑に関連して、hackruu氏が公開しているOpenWrt 14.07のファームウェアでは、Clientモード時にWPA / WPA2認証が使用できない(=WPA or WPA2で暗号化されているWiFiには接続できない)。
広告