WG2600HPメモ

  • ポート構成

    • WAN: port1
    • LAN1: port2
    • LAN2: port3
    • LAN3: port4
    • LAN4: port5
  • LED GPIO

    公開されているコードからの情報、確認済

    • Power (Green): 14
    • Power (Red): 7
    • Active (Green): 8
    • Active (Red): 9
    • WiFi 2.4G (Green): 55
    • WiFi 2.4G (Red): 56
    • WiFi 5G (Green): 57
    • WiFi 5G (Red): 58
    • TV (Green): 64
    • TV (Red): 65
    • CONVERTER (Green): 6
    • CONVERTER (Red): 15

    drive-strengthがコード見る限り2種類あるけど、どうしたものか
    追記: OpenWrt上ではdrive-strength=2のみでも普通に点灯させられた。これで様子見

    - leds_powg_cfg (4MA, PULLDOWN
    	- GPIO14
    
    - leds_akro8_cfg (8MA, PULLDOWN
    	- (none)
    
    - leds_akro4_cfg (4MA, PULLDOWN
    	- GPIO65
    
    - leds_akro2_cfg (2MA, PULLDOWN
    	- GPIO6, GPIO7, GPIO8, GPIO9,
    	  GPIO15, GPIO55, GPIO56, GPIO57,
    	  GPIO58, GPIO64
    

  • 追加のU-Boot環境変数(案)

    U-BootがBUFFALO機のような復旧手段を何も持っていないうえにブートプロセスの中断ができないため、bootcmdでrambootを必須にしてそれが失敗したら通常ブートに落とす。
    bootipqは色々環境変数を追加しようとするため、別のコマンドラインにするか思案中。nbootでいけたのでこれに決定。bootipqでブートした際はmtdids, mtdpartsを環境変数に設定しているが、特に設定しなくてもブートできた。default environmentがbootcmd=bootipqだったため、結局bootipqに戻した。

    autostart=yes
    ipaddr=192.168.10.1
    serverip=192.168.10.2
    bootargs=console=ttyHSL1,115200n8 root=mtd:rootfs rootfstype=squashfs reboot=0
    ramboot=rootfstype=ramfs; tftpboot 0x44000000 wg2600hp.bin
    bootcmd=run ramboot || bootipq
    

  • bootipqしたときのログ(一部)

    この際、メーカーファームを起動する場合は

    bootargs=console=ttyHSL1,115200n8 root=mtd:rootfs rootfstype=squashfs reboot=0
    

    を設定しておかないとKernelにコントロールが移ってからのログがコンソールに吐き出されなくなるので要注意。この問題により、bootcmdにbootipqのみを設定するミスをやらかした際に、メーカーファームのkernelは起動してくるがコンソールに何も吐かれず操作できないために、WebUIからファームアップデート時の電源断で意図的にkernelを壊す羽目になった。

    boot> bootipq debug
    MMC Device 0 not found
    MMC Device 0 not found
    Using nand device 1
    bootargs=root=/dev/nfs nfsroot=192.168.10.2: ip=192.168.10.1:192.168.10.2:::::off root=mtd:rootfs rootfstype=squashfs reboot=0
    Booting from flash
    set mtdids nand1=nand1 && set mtdparts mtdparts=nand1:${msmparts} && set autostart yes;nboot 0x44000000 1 0x860000
    Loading from nand1, offset 0x860000
       Image Name:   Linux-3.4.103
       Image Type:   ARM Linux Kernel Image (uncompressed)
       Data Size:    1828680 Bytes = 1.7 MiB
       Load Address: 41508000
       Entry Point:  41508000
    Automatic boot of image at addr 0x44000000 ...
       Image Name:   Linux-3.4.103
       Image Type:   ARM Linux Kernel Image (uncompressed)
       Data Size:    1828680 Bytes = 1.7 MiB
       Load Address: 41508000
       Entry Point:  41508000
       Verifying Checksum ... OK
       Loading Kernel Image ... OK
    OK
    info: "mtdparts" not set
    Using machid 0x1260 from environment
    
    Starting kernel ...
    

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中