ath79 + qca,ar8327-initvals

計算間違えている場合はツッコミお願いします。

padx_cfg
  • mode = AR8327_PAD_MAC_SGMII
  • sgmii_delay_en = true
  • mode = AR8327_PAD_MAC_RGMII
  • txclk_delay_en = true
  • rxclk_delay_en = true
  • txclk_delay_sel = AR8327_CLK_DELAY_SEL1
  • rxclk_delay_sel = AR8327_CLK_DELAY_SEL2
PORTx PAD MODE CTRL: 0x00080080 PORTx PAD MODE CTRL: 0x07600000

AR8337の場合は以下のコードがあるため、PAD0の値が変わりそう

	if (chip_is_ar8337(priv) && !pdata->pad0_cfg->mac06_exchange_dis)
	    t |= AR8337_PAD_MAC06_EXCHANGE_EN;
portx_cfg
  • force_link = 1
  • speed = AR8327_PORT_SPEED_1000
  • duplex = 1
  • txpause = 1
  • rxpause = 1
PORTx_STATUS: 0x0000007e
広告

ath79 + qca,ar8327-initvals” への2件のフィードバック

  1. txclk_delay_sel = 1 => bit23:22 を 1 にする
    rxclk_delay_sel = 2 => bit21:20 を 2 にする
    という意味? だとしたら合っているかと思います
    左側と下のやつも問題なし

    ar8327_hw_config_pdata() はof_nodeが無い場合、つまりdevice tree対応前の
    arch/XXXX/mach-YYYY/ のソースコードでリソースを与える旧式の実装のときに使われるものです
    旧式の実装で与えている設定値をdtsの ar8327-initvals へ置き換えようとしているのなら
    それはそれで合っています

    1. コメントありがとうございます。
      OpenWrtでar71xx targetからath79 targetへデバイスを移植するにあたってar8327-initvalsへの書き換えが必要になり、メモしたものです。
      合っているようであれば安心しました。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中