Windows Hyper-V Server 2016でのファイアウォールグループ有効化

現在ビルド鯖で仮想マシンのホストOSとして稼働しているWindows Server 2012 R2のサポート終了に備えて、Windows Hyper-V Server 2016を試していた際に気になったのでメモ。
従来使用されていた(らしい)netsh advfirewall は既に非推奨らしいメッセージが表示されるため

Windows PowerShell
Copyright (C) Microsoft Corporation. All rights reserved.

PS C:\WINDOWS\system32> netsh
netsh>advfirewall
Windows の将来のバージョンで、Windows Firewall with Advanced Security の Netsh 機能が削除される可能性が
あります。

現在 Windows Firewall with Advanced Security の構成および管理に netsh を使用している場合は、Windows PowerShell に
移行することをお勧めします。

Windows Firewall with Advanced Security を管理するためのコマンドの一覧を表示するには、Windows PowerShell プロンプト
に「Get-Command -Module NetSecurity」と入力してください。

Windows Firewall with Advanced Security 用の PowerShell コマンドの詳細については、
https://go.microsoft.com/fwlink/?LinkId=217627 を参照してください。
netsh advfirewall>

、移行先として推奨されているPowerShellで行えないか色々探し、それらしきものを見つけた。

Hyper-V Server 2016のリモート管理環境構築-(3)サーバー側設定 | Yu’n Craft
で紹介されている下記

netsh
advfirewall
firewall
set rule group="リモート デスクトップ" new enable=yes
set rule group="ファイルとプリンターの共有" new enable=yes
set rule group="Windows リモート管理" new enable=yes
set rule group="リモート イベントのログ管理" new enable=yes
set rule group="リモート ボリューム管理" new enable=yes
exit

の場合、PowerShellでは以下で代用できた。

Enable-NetFirewallRule -DisplayGroup "リモート デスクトップ"
Enable-NetFirewallRule -DisplayGroup "ファイルとプリンターの共有"
Enable-NetFirewallRule -DisplayGroup "Windows リモート管理"
Enable-NetFirewallRule -DisplayGroup "リモート イベントのログ管理"
Enable-NetFirewallRule -DisplayGroup "リモート ボリューム管理"

これでWindows Hyper-V Server 2016に対するリモートデスクトップと “Hyper-V マネージャー” 、 “コンピューターの管理(一部)” が通るようになった。サーバのAdministratorは予めクライアント側 (Windows 10 1809) でcmdkeyを用いて認証情報を追加し、TrustedHostsも追加済み。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中