カテゴリー: 未分類

BHR-4GRV2とKernel 4.14

最近BHR-4GRV2が公式のbuildbotにおいてar71xx/tinyをfailさせる一因になっていたので、それに関連するメモ。

どうする

ar71xx/tinyのほうは今から変更するのは厳しいため、諦める。
一方ath79/tinyのほうは、ath79がまだ公式ではビルドされていないこともあって変更の余地はあるため、以下のように変更しようかと思案中。→ 既存のサポートに対する修正としてPRを投げた。
この変更を行うと、ar71xxからのsysupgradeができない*、factoryファームを作れないなどの弊害は出る。
(*: 正確にはar71xxからsysupgradeで書き込むことはできるけど、U-Bootの環境変数を変更してから実行しないと再起動後にath79のKernelを起動できず止まる。危険なのでar71xx -> ath79は不可にしてしまうほうが良さそう。)

rootfs,kernelをfirmwareとして結合
Kernelがサイズ制限を受ける原因となっているmtdパーティションの構成を変更し、生成されたKernelのサイズに従って柔軟にRootfsの位置が変化できる “firmware” パーティションを使用する。
U-BootのKernelオフセットを変更
前項でmtdパーティションの構成を変更しただけではU-Bootが起動時にKernelを見つけられなくなるため、U-Bootの環境変数内に格納されているオフセットを変更する。
メーカーファーム -> OpenWrtインストール方法の変更
mtdパーティションを変更した場合、本来のKernelサイズ制限を超過するKernelが許容されるようになるため、factoryは作成できなくなる。
これに伴い、メーカーファームからOpenWrtへ入れ替える方法を以下の通りに変更する。

  • ECOボタンを押しながらinitramfsファームでブート
  • initramfsファーム上でU-Bootの環境変数を変更
  • squashfs-sysupgradeファームでsysupgrade
  • 完了

ざっくりと日本語で書く分には楽だけれども、英文で詳細に記述するのはしんどい。

広告

URL Rewrite UAブロック

サーバ全体に設定した (C:\Windows\System32\inetsrv\config\applicationHost.config)

<rewrite>
  <globalRules>
    <rule name="BotBlocking" enabled="true" stopProcessing="true">
      <match url=".*" />
      <condtions logicalGrouping="MatchAny">
        <add input="{HTTP_USER_AGENT}" pattern="^.*AhrefsBot/[0-9]\.[0-9];.*" />
        <add input="{HTTP_USER_AGENT}" pattern="^.*DotBot/[0-9]\.[0-9];.*" />
      </conditions>
      <action type="AbortRequest" />
    </rule>
  </globalRules>
</rewrite>

WRC-1750GHBK2-C

WRC-300GHBK2-Iを把握した同時期に把握していた上位機。こちらもQCA956xかつ、ソフトウェア的にWRC-300GHBK2-Iと似通っていることが予想されたため、今回購入。弄るにあたってメモ。
ハード構成はWRC-1750GHBK2-Iと恐らく同一。

Switch

zone WAN LAN
port
(WRC-1750GHBK2-C)
INTERNET LAN4 LAN3 LAN2 LAN1
port
(QCA8337N)
port1 port2 port3 port4 port5

MAC

  • ART, 0x1002 (2.4G)
  • ART, 0x5006 (5G)
  • LAN: xx:xx:xx:xx:xx:35
  • WAN: xx:xx:xx:xx:xx:34
  • 2.4G: xx:xx:xx:xx:xx:36
  • 5G: xx:xx:xx:xx:xx:37

U-Boot

  • help
    ath> help
    ?       - alias for 'help'
    autoscr - run script from memory
    base    - print or set address offset
    bdinfo  - print Board Info structure
    boot    - boot default, i.e., run 'bootcmd'
    bootd   - boot default, i.e., run 'bootcmd'
    bootelf - Boot from an ELF image in memory
    bootm   - boot application image from memory
    bootp   - boot image via network using BootP/TFTP protocol
    bootvx  - Boot vxWorks from an ELF image
    cmp     - memory compare
    coninfo - print console devices and information
    cp      - memory copy
    crc32   - checksum calculation
    dhcp    - invoke DHCP client to obtain IP/boot params
    echo    - echo args to console
    erase   - erase FLASH memory
    ethreg  - Switch/PHY Reg rd/wr  utility
    exit    - exit script
    flinfo  - print FLASH memory information
    go      - start application at address 'addr'
    help    - print online help
    iminfo  - print header information for application image
    itest   - return true/false on integer compare
    loop    - infinite loop on address range
    mct   - simple RAM test
    md      - memory display
    mii     - MII utility commands
    mm      - memory modify (auto-incrementing)
    mtest   - simple RAM test
    mw      - memory write (fill)
    nfs     - boot image via network using NFS protocol
    nm      - memory modify (constant address)
    pci     - list and access PCI Configuration Space
    ping    - send ICMP ECHO_REQUEST to network host
    pll cpu-pll dither ddr-pll dither - Set to change CPU & DDR speed
    pll erase
    pll get
    printenv- print environment variables
    progmac - Set ethernet MAC addresses
    progmac2 - Set ethernet MAC addresses
    protect - enable or disable FLASH write protection
    rarpboot- boot image via network using RARP/TFTP protocol
    reset   - Perform RESET of the CPU
    run     - run commands in an environment variable
    saveenv - save environment variables to persistent storage
    setenv  - set environment variables
    sleep   - delay execution for some time
    test    - minimal test like /bin/sh
    tftpboot- boot image via network using TFTP protocol
    version - print monitor version
    
  • version
    ath> version
    
    U-Boot 1.1.4 (Jun  2 2015 - 11:35:33)
    
  • printenv
    bootlogに *** Warning - bad CRC, using default environment が吐かれているため、実際とは異なる可能性もある
    ath> printenv
    bootargs=console=ttyS0,115200 root=31:02 rootfstype=jffs2 init=/sbin/init mtdparts=ath-nor0:256k(u-boot),64k(u-boot-env),6336k(rootfs),1408k(uImage),8256k(mib0),64k(ART)
    bootdelay=2
    baudrate=115200
    ethaddr=0x00:0xaa:0xbb:0xcc:0xdd:0xee
    ipaddr=192.168.1.1
    serverip=192.168.1.10
    dir=
    lu=tftp 0x80060000 ${dir}u-boot.bin&&erase 0x9f000000 +$filesize&&cp.b $fileaddr 0x9f000000 $filesize
    lf=tftp 0x80060000 ${dir}ap152${bc}-jffs2&&erase 0x9f050000 +0x630000&&cp.b $fileaddr 0x9f050000 $filesize
    lk=tftp 0x80060000 ${dir}vmlinux${bc}.lzma.uImage&&erase 0x9f680000 +$filesize&&cp.b $fileaddr 0x9f680000 $filesize
    stdin=serial
    stdout=serial
    stderr=serial
    ethact=eth0
    bootcmd=bootm 0xbf070000
    
    Environment size: 685/65532 bytes
    
  • mii device
    ath> mii device
    MII devices: 'eth0' 
    Current device: 'eth0'
    
  • md.l 0x18050048 1
    ath> md.l 0x18050048 1
    18050048: 03000101    ....
    
  • tftp
    WRC-300GHBK2-Iと同様、ethaddrがエラー
    ath> tftp
    Trying eth0
    dup 1 speed 1000
    *** ERROR: `ethaddr' not set
    Trying eth0
    

Kernel

パスワード要求されるため、コンソールにログインできない。

  • bootlog
    U-Boot 1.1.4 (Jun  2 2015 - 11:35:33)
    
    ap152 - Dragonfly 1.0DRAM:  
    sri
    ath_ddr_initial_config(283): (ddr2 init)
    ath_sys_frequency: cpu 775 ddr 650 ahb 258
    Tap values = (0x11, 0x11, 0x11, 0x11)
    128 MB
    Top of RAM usable for U-Boot at: 88000000
    Reserving 206k for U-Boot at: 87fcc000
    Reserving 192k for malloc() at: 87f9c000
    Reserving 44 Bytes for Board Info at: 87f9bfd4
    Reserving 36 Bytes for Global Data at: 87f9bfb0
    Reserving 128k for boot params() at: 87f7bfb0
    Stack Pointer at: 87f7bf98
    Now running in RAM - U-Boot at: 87fcc000
    Flash Manuf Id 0xc2, DeviceId0 0x20, DeviceId1 0x18
    flash size 16MB, sector count = 256
    Flash: 16 MB
    *** Warning - bad CRC, using default environment
    
    In:    serial
    Out:   serial
    Err:   serial
    Net:   ath_gmac_enet_initialize...
    Fetching MAC Address from 0x87fee72c
    ath_gmac_enet_initialize: reset mask:c02200 
    athr_mgmt_init ::done
    Dragonfly  ----> S17 PHY *
    athrs17_reg_init: complete
    SGMII in forced mode
    athr_gmac_sgmii_setup SGMII done
    : cfg1 0x80000000 cfg2 0x7114
    eth0: 00:00:00:00:00:00
    eth0 up
    eth0
    Setting 0x181162c0 to 0x4b962100
    EDX wan_power_down!
    Hit any key to stop autoboot:  0 
    ## Booting image at bf070000 ...
       Image Name:   Linux Kernel Image
       Created:      2016-10-06  15:08:15 UTC
       Image Type:   MIPS Linux Kernel Image (lzma compressed)
       Data Size:    7913332 Bytes =  7.5 MB
       Load Address: 80002000
       Entry Point:  80248130
       Verifying Checksum at 0xbf07008c ...OK
       Uncompressing Kernel Image ... OK
    No initrd
    ## Transferring control to Linux (at address 80248130) ...
    ## Giving linux memsize in bytes, 134217728
    
    Starting kernel ...
    
    Booting QCA956x
    Linux version 2.6.31--LSDK-10.2-00082-4 (Logitec@localhost.localdomain) (gcc version 4.3.3 (GCC) ) #2 Thu Oct 6 22:37:31 CST 2016
    flash_size passed from bootloader = 16
    arg 1: console=ttyS0,115200
    arg 2: root=31:02
    arg 3: rootfstype=jffs2
    arg 4: init=/sbin/init
    arg 5: mtdparts=ath-nor0:256k(u-boot),64k(u-boot-env),6336k(rootfs),1408k(uImage),8256k(mib0),64k(ART)
    arg 6: mem=128M
    cmdLine: console=ttyS0,115200 root=31:04 rootfstype=squashfs init=/sbin/init mtdparts=ath-nor0:256k(u-boot),64k(u-boot-env),128k(nvram),1088k(Kernel),14720k(RootFS),64k(hwconfig),64k(ART),15808k(Uimage) mem=128M 
    CPU revision is: 00019750 (MIPS 74Kc)
    ath_sys_frequency: cpu 775 ddr 650 ahb 258
    Determined physical RAM map:
     memory: 02000000 @ 00000000 (usable)
    User-defined physical RAM map:
     memory: 08000000 @ 00000000 (usable)
    Zone PFN ranges:
      Normal   0x00000000 -> 0x00008000
    Movable zone start PFN for each node
    early_node_map[1] active PFN ranges
        0: 0x00000000 -> 0x00008000
    Built 1 zonelists in Zone order, mobility grouping on.  Total pages: 32512
    Kernel command line: console=ttyS0,115200 root=31:04 rootfstype=squashfs init=/sbin/init mtdparts=ath-nor0:256k(u-boot),64k(u-boot-env),128k(nvram),1088k(Kernel),14720k(RootFS),64k(hwconfig),64k(ART),15808k(Uimage) mem=128M 
    PID hash table entries: 512 (order: 9, 2048 bytes)
    Dentry cache hash table entries: 16384 (order: 4, 65536 bytes)
    Inode-cache hash table entries: 8192 (order: 3, 32768 bytes)
    Primary instruction cache 64kB, VIPT, 4-way, linesize 32 bytes.
    Primary data cache 32kB, 4-way, VIPT, cache aliases, linesize 32 bytes
    Writing ErrCtl register=00000000
    Readback ErrCtl register=00000000
    Memory: 112228k/131072k available (2346k kernel code, 18684k reserved, 582k data, 160k init, 0k highmem)
    NR_IRQS:128
    plat_time_init: plat time init done
    r4k_clockevent_init: Ignoring int_usable failure
    Console: colour dummy device 80x25
    Calibrating delay loop... 387.07 BogoMIPS (lpj=774144)
    Mount-cache hash table entries: 512
    
    ****************ALLOC***********************
     Packet mem: 80318ac0 (0xe00000 bytes)
    ********************************************
    
    NET: Registered protocol family 16
    ath_pcibios_init: bus 0
    ath_pcibios_init(255): PCI 0 CMD write: 0x356
    registering PCI controller with io_map_base unset
    bio: create slab  at 0
    SCSI subsystem initialized
    pci 0000:00:00.0: PME# supported from D0 D1 D3hot
    pci 0000:00:00.0: PME# disabled
    pcibios_map_irq: IRQ 76 for bus 0
    NET: Registered protocol family 2
    IP route cache hash table entries: 1024 (order: 0, 4096 bytes)
    TCP established hash table entries: 4096 (order: 3, 32768 bytes)
    TCP bind hash table entries: 4096 (order: 2, 16384 bytes)
    TCP: Hash tables configured (established 4096 bind 4096)
    TCP reno registered
    NET: Registered protocol family 1
    ATH GPIOC major 0
    squashfs: version 4.0 (2009/01/31) Phillip Lougher
    fuse init (API version 7.12)
    msgmni has been set to 219
    io scheduler noop registered
    io scheduler deadline registered (default)
    Initializing edx switch control...
    Done
    Serial: 8250/16550 driver, 1 ports, IRQ sharing disabled
    serial8250.0: ttyS0 at MMIO 0xb8020000 (irq = 19) is a 16550A
    console [ttyS0] enabled
    brd: module loaded
    PPP generic driver version 2.4.2
    PPP BSD Compression module registered
    NET: Registered protocol family 24
    8 cmdlinepart partitions found on MTD device ath-nor0
    Creating 8 MTD partitions on "ath-nor0":
    0x000000000000-0x000000040000 : "u-boot"
    0x000000040000-0x000000050000 : "u-boot-env"
    0x000000050000-0x000000070000 : "nvram"
    0x000000070000-0x000000180000 : "Kernel"
    0x000000180000-0x000000fe0000 : "RootFS"
    0x000000fe0000-0x000000ff0000 : "hwconfig"
    0x000000ff0000-0x000001000000 : "ART"
    0x000000070000-0x000000fe0000 : "Uimage"
    u32 classifier
        Performance counters on
    Netfilter messages via NETLINK v0.30.
    nf_conntrack version 0.5.0 (2048 buckets, 8192 max)
    CONFIG_NF_CT_ACCT is deprecated and will be removed soon. Please use
    nf_conntrack.acct=1 kernel parameter, acct=1 nf_conntrack module option or
    sysctl net.netfilter.nf_conntrack_acct=1 to enable it.
    ctnetlink v0.93: registering with nfnetlink.
    xt_time: kernel timezone is -0000
    ip_tables: (C) 2000-2006 Netfilter Core Team
    ClusterIP Version 0.8 loaded successfully
    arp_tables: (C) 2002 David S. Miller
    TCP cubic registered
    NET: Registered protocol family 10
    IPv6 over IPv4 tunneling driver
    NET: Registered protocol family 17
    dnshijack
    802.1Q VLAN Support v1.8 Ben Greear 
    All bugs added by David S. Miller 
    arch/mips/atheros/gpio.c (ath_simple_config_init) ATH_S17INT_GPIO: 10
    athwdt_init: Registering WDT success
    VFS: Mounted root (squashfs filesystem) readonly on device 31:4.
    Freeing unused kernel memory: 160k freed
    init started: BusyBox v1.12.1--LSDK-10.2-00082-4 (2016-10-06 22:33:09 CST)
    starting pid 15, tty '': '/etc/init.d/rcS sysinit'
    rc ver. 1.0.1
    Initializing...Success!
    Mounting file systems...Success!
    Creating devices...Success!
    Creating loopback device...Success!
    starting pid 24, tty '': '/etc/init.d/rcS start'
    rc ver. 1.0.1
    Initializing...Success!
    Loading dynamic libraries...Success!
    edx_gpio: module license 'unspecified' taints kernel.
    Disabling lock debugging due to kernel taint
    Initializing EDX GPIO...Done
    Acelink events notification ver. 1.6
    argv[0]=/sbin/ev_broker class=2 paction=NETDEV_REGISTER hold=NODE_NUM=429414 retval=0
    argv[0]=/sbin/ev_broker class=2 paction=NETDEV_UP hold=NODE_NUM=173575 retval=0
    argv[0]=/sbin/ev_broker class=2 paction=NETDEV_REGISTER hold=NODE_NUM=197118 retval=0
    NVRAM access daemon Ver. 1.0 Build 20161006223153
    daemonize process
    Starting L0000Config.so...Done ! (ret=0)
    Starting L0100WLANInterface.so...Done ! (ret=0)
    Starting L0130EthInterface.so...Done ! (ret=0)
    Interface doesn't accept private ioctl...
    HALDbg (8BE0): Operation not permitted
    Interface doesn't accept private ioctl...
    ForBiasAuto (8BE0): Operation not permitted
    Invalid command : setVowExt
    Invalid command : setKeySrchAlways
    Invalid command : set_vsp_enable
    Invalid command : setPhyRestartWar
    Invalid command : setVowExtStats
    Invalid command : bgscan
    Invalid command : extoffset
    Invalid command : bgscan
    Invalid command : extoffset
    Interface doesn't accept private ioctl...
    AMPDU (8BE0): Operation not permitted
    Interface doesn't accept private ioctl...
    AMPDUFrames (8BE0): Operation not permitted
    Interface doesn't accept private ioctl...
    AMPDULim (8BE0): Operation not permitted
    Invalid command : HALDbg
    Invalid command : ATHDebug
    Invalid command : setVowExt
    Invalid command : setKeySrchAlways
    Invalid command : set_vsp_enable
    Invalid command : setPhyRestartWar
    Invalid command : setVowExtStats
    Invalid command : bgscan
    Starting L0200LANConfig.so...Done ! (ret=0)
    1970-01-01 00:00:22: (server.c.915) can't have more connections than fds/2:  1024 824 
    udhcpd: max_leases=235 is too big, setting to 101
    start lld2d...
    start child_net...
    start Router mode accesscontrol...
    starting firewall...
    start house_keeper...
    Starting L0230LANServices.so...Done ! (ret=0)
    starting wan_event...
    wan_event done !
    Starting L0300WANConfig.so...Done ! (ret=0)
    
    Please press Enter to activate this console. Notice: caching turned off
    Notice: caching turned off
    insmod: cannot insert '/sbin/edx_tables.ko': File exists
    device eth0.2 is already a member of a bridge; can't enslave it to bridge br0.
    insmod: cannot insert '/sbin/edx_m2u.ko': File exists
    starting wan_event...
    wan_event done !
    starting wan_event...
    udhcpc receive a leasefail for eth0.2
    wan_event done !
    

艦これ雑記2017/12/12

秘書艦 軽巡(阿武隈改二)かつ

資源 数量
燃料 11
弾薬 30
鋼材 30
ボーキサイト 10

で機銃、小口径寄り副砲と小口径主砲~15.2cm主砲が多い気がした。10cm高角砲も多少。九四式爆雷投射器はたまに。20.3cm以降の砲は成功無し。(試行回数30回前後)
対空用の10cm高角砲 + 94高射装置1つも無いのをなんとかせねば…

WHR-G300NにOpenWrt / LEDE-Project ファームを投入する

昔作った画像が出てきたので、とりあえず載せておきます

コマンド入力モードは、起動時に “TFTPから取得する” などの選択メニューが出ている途中に “4” か何かを選択すると入れます。
英語が下手なのは勘弁してくだされ

OpenWrtファーム独自ビルド

の公開についてのお知らせです。
メインのブログである鉄PCブログのほうでは告知済みですが、当方で独自にビルドしたOpenWrtファームを公開する場所を作りました。

大破.net/contents/openwrt/

そのビルドの特徴というか、主となる機能(対応FS、パッケージなど)でフォルダ分けし、その下にビルドした日付でさらに分けています。
現状WT1520のビルドが中心ですが、そのうちWHR-G300NのBoot時のKernel Panicに(独自に)対処したものやMZK-W300NHのファームもビルドして公開する予定です。

WT1520用OpenWrt 15.05ファーム

ダウンロード

  • uImage

  • factory

  • sysupgrade

※2016/04/26追記 OpenWrt / dd-wrt 非公式wikiから来た方へ
OpenWrt公式にもramips/rt305xにWT1520のファーム自体はありますが、ルータとして最低限動作するためのパッケージしか含まれておらず、USB周りがほとんど扱えないため独自にビルドしています。

2018/01/21 追記: だいぶ古くなっていたため、上記のファームは既に削除しました。
現在は taiha.net/jenkins にて、適当なタイミングでビルドしたファームを公開しています。

WT1520用にビルドした、OpenWrt 15.05 Chaos Calmerのファームです。15.05.1のファームは2016/04/26現在ビルド済みですが、未検証のためサーバには掲載していません。

独自ビルド版の仕様など

  • バージョン:Chaos Calmer 15.05 / LuCI 15.05-118-gaa647ce Release (git-15.322.41240-4e44955)
  • 内蔵Flash(4MB)の容量の都合上、PPP関連およびIPv6関連のパッケージを削除。
  • USBストレージによるExtRoot対応。
  • exFAT, ext4, vFATの三種類のFSに対応。必要と言われたcp437とiso8859-1は追加済み。NTFSはどうしても収まりきらなかったので、代わりにexFATとvFATを追加しました。必要なときは、ExtRootを設定の上追加してください。
  • hostapd-miniではなくwpad-miniを使用。Clientモード時にWPA / WPA2認証が必要なAPに接続できる(ハズ)。
  • LuCI導入済みかつ、日本語モジュール導入済み。ユーザーフレンドリーなWebUIを日本語で利用できます(大体管理人が英語ダメなせい)。LuCIを開いたときに英語になっている場合は、上のメニューから ”System” -> ”System” -> “System Properties” -> “Language and Style” -> “Language” で日本語を選んでください。
  • Sambaは内蔵Flashに収まりきらないので入れてません。NTFSと同様にExtRootを設定したうえで追加でインストールすることを想定しています。
  • mkfs.ext4等のツールは容量的に厳しそうだったので入れてません。ext4を利用する場合は、Linuxマシンなどでフォーマットしたうえで接続してください。
  • 管理人の持っているWT1520で動作確認はしていますが、絶対に文鎮化しないなんてことはないので、自己責任で使用してください

OpenWrt色々

とりあえずメモ。種類はバラバラ、気づいた順に列記。

  • OpenWrtのsysupgradeを行う際、ファームウェアの形式が異なるためにアップグレードできないというエラーが出ることがある。この際、ファームウェアの対象デバイスに間違いがないか確認したうえで、sysupgradeコマンドに ”-F” オプションを付けることで、チェックを無視して強制モードで実行できる。
  • wpadはhostapdの後継(?)っぽい。
  • WiFiのAPモードの際、WPA / WPA2認証ははwpadでもhostapdでも可能だが、Clientモードではwpadのみで使える。
  • ↑に関連して、hackruu氏が公開しているOpenWrt 14.07のファームウェアでは、Clientモード時にWPA / WPA2認証が使用できない(=WPA or WPA2で暗号化されているWiFiには接続できない)。

Fujitsu S751/CとUEFI

Fujitsu S751/Cは第2世代Core i5搭載ながらもUEFIに対応している。しかしUEFI(BIOS)設定画面には関連する設定項目が一切ないうえに、POST直後にF12キーでブートメニューを開いても ”UEFI” の文字がついた起動デバイスが存在せず、OSインストール時は環境により勝手にUEFIかレガシーモード(BIOS)でインストールするかを選択される模様。
OSインストール中にUEFIでインストールが進められているかは、インストール先ディスクの選択画面で一旦新規パーティションの作成を行って(この際、ディスク全体が未割当領域だった場合はEFIパーティションなど必要パーティションも作成される)構成から判断するか、その後コマンドプロンプトをShift + F10で開いて ”diskpart” を実行、”list disk” を叩いてGPTに ”*(アスタリスク)” が付いているかを確認するのが楽かもしれない。

DELL Vostro 230s筐体をMicroATX PCケースとして使うメモ

注: この記事で扱うのはVostro 230 “s”。Vostro 230(s無し)は普通のミニタワー デスクトップで、Vostro 230sはスリムタワー デスクトップ。
通常のミニタワーなVostro 230に触れたことは無いため、そっちも同じかどうかは知りません。

注意することとか

  • フロントパネルのスイッチ類のケーブルが一つのコネクタにまとめられている。調べた限りで判明したアサインは以下の通り。”?”になっている端子は、電源スイッチの黒色ケーブルが接続されているけど何の端子なのかわからなかった(ただし入れ替えたH81マザーでは、”?”の端子に何も接続しなくても問題なし)。”No Pin”はピンが無い所謂 ”Key”の箇所で、コネクタの種類や向きなど刺し間違い防止のためのもの。
    vostro230s_fPanel

    筆者は以下のような変換ケーブルを自作して対応。AinexのEX-002などを使用するのがたぶん楽。

  • 5インチベイはDVDドライブが搭載されている。フロントパネルがDVDドライブのトレイが出られるだけの穴しか空けられていないため、ドライブを外して3.5インチHDDのスロットインタイプのマウンタなどを付けることはできない。
  • 3.5インチシャドウベイは2台分が用意されている。ただし、4か所ネジを付けたドライブをガイドの切れ込みに沿って上から入れ込み、目的の段で横に押してストッパーに引っ掛けて固定する方式のため、ネジがガイドに引っ掛かるように頭の大きい特殊なネジ(肩付ネジ)が必要になる。”オウルテックのOWL-NEJI07で代用可能” という情報も(未検証)。
  • 電源ユニットはLITEON製250Wのモノ。主電源ケーブルはATX 12Vの24ピンだが補助電源ケーブルはATX 12V 4ピンなので、EPS 12V 8ピン採用のマザーボードを使用する際はainexのPX-002Bのような変換ケーブルを使用するか、電源ユニットの交換が必要。
  • 電源端子はSATA x3, ATX12V 24Pin x1, ATX12V 4Pin x1のみ。つまり、元々搭載されているマザーボードやパーツ類の構成では必要十分。それを超える拡張性は当然ながら考慮されていない。
  • PCIスロットはロープロファイル。ビデオカードは電源的にもPCIスロット的にもGeForceだと750Ti辺りが限界か。管理人はGeForce派です。Radeonについての知識はお察しください。
  • フロントパネルのDELLのロゴは接着されていないので、横置きの時は回転させることも可能。
  • フロントに設置されているファンがそれなりに高回転。やや騒音元になる。
  • バックパネルは交換可。ただし固定のためのツメがそれなりに固く、やや外しにくい。

動作実績

管理人の環境では、以下の構成で問題なく動作。Minecraft, TeamSpeak3, OpenWrtビルド等のサーバとして使用(していました)。
OpenWrt (LEDE-Project) のビルドで排熱が追いつかなくなったため、現在は別のケースに引っ越し済み。

  • CPU:Intel Core™ i5 3570K
  • MB:GIGABYTE G1.Sniper M3
  • MEM:ADATA / UMAX DDR3-1600 4GB x2 + 2GB x2
  • HDD:250GB, 7200rpm
  • GPU:Intel HD Graphics 4000
  • PSU:Vostro 230s付属250W電源
  • CASE:Vostro 230s筐体
  • OS:Windows Server 2012 R2 Standard

以下の構成でも動作実績あり。

  • CPU:Intel Pentium™ G3240
  • MB:GIGABYTE GA-H81M-D3V
  • MEM:UMAX DDR3-1600 (CPU制限→DDR3-1400稼働) 4GB x2
  • HDD:250GB, 7200rpm
  • GPU:Intel HD Graphics
  • PSU:Vostro 230s付属250W電源
  • CASE:Vostro 230s筐体
  • OS:Windows 10 Pro 64bit